神戸支部が進める位置参照点スタイル

ホーム > Q&A

Q&A++


自分で費用を出して設置した位置参照点なのに支部の所有になるのですか。

位置参照点データの管理運営に関する業務を目的として、「支部が所有」すると規定するもので、その所有権という意味ではありません。 また、成果が現況に適合しなくなった場合の修正義務も負いません。 資料センターとしてデータの管理を行うものとご認識ください。 (規則3条〜8条)

設置してもらうのにどれくらいの日数がかかりますか。

GPS観測を行う関係、ご希望日と衛星の状態との検討が必要になりますが、可能な限り早く設置することを目標に1週間以内には設置したいと考えております。

既設の位置参照点を使う方からは使用料を取らないのですか。

参照点のデータを管理しますが、経年劣化により精度に問題がある場合があります。永久保障した点では無いことをご理解の上、使用する場合も検証のうえ、移動、亡失等を発見のした場合、委員会への報告をお願いし、無料とするものです。 (規則第6条)

神戸支部の管外でも設置依頼はできますか、また、神戸支部以外の会員も設置依頼できますか。

神戸支部管外の設置依頼については、旅費や場合によっては基本額の上乗せなどを依頼者と委員会が相談のうえ設置します。 (要領第3条) 支部以外の会員からの依頼は様々な見地から検討をする必要があり、課題であります。

位置参照点の標識はどのようなものを使用しますか、自分で持っているワッシャーで設置してもよろしいですか。

「K0001〜 兵調位置参照点」 と刻印されたワッシャーを運営作業員が設置いたします。

既設の位置参照点を検証したら、おかしいのですが、どうすればよいですか。

移動、亡失等を発見した場合は、速やかに委員会へ報告をしてください。 (規則第6条) 既設点がそのまま使える場合は改測を行い、使えない場合は新規設置のうえ、観測を行いますので、設置依頼の手続きを行ってください。

運営作業員は何をするのですか。

設置作業フローチャートの橙色の枠内の仕事を行います。

運営作業員になる要件はありますか、また、登録の方法は。

運営規則、要領を遵守していただき、ご協力していただける方。 登録には申請書の提出をお願いいたします。

運営作業員の任期はありますか、途中で辞めることはできますか。

任期はありません。当初は体験的な登録も認める趣旨から仮登録の申請書といたします。 ただし、一旦辞めたあと、再度の登録申請をする等の行為はお止めください。

運営作業員に日当は支給されますか。

要領第8条第1項の規定の日当をお支払いいたします。 ただし、経理処理の都合上、お支払いは、作業の翌月以降となることをご了解ください。

作業を補助者と一緒に行ってもよろしいですか。補助者だけで行ってもよろしいですか。

日当が一人分しか出ないことをご承知のうえ、作業をお願いいたします。 補助者単独の作業の場合、規則、要領をご理解していただいているかという問題、また、万が一事故があったときの補償の問題がありますので、不可とさせていただきます。

設置依頼の際、作業員の指名はできますか。

運営作業員は輪番制により担当いたしますので、指名はできません。 日頃の仕事の協力関係上、作業員の指名がある場合は、作業員が設置依頼を行い、自ら作業を行うという形式がよろしいかと思います。

急きょ作業へ行けなくなった場合、補助者ではだめですか。

補助者単独の作業は不可とします。 担当の運営作業員は、責任を持って交代者を決め、新担当者と交代手続き、引継ぎをお願いいたします。 委員会、支部事務所の事務員さんは交代手続きへの対応はできないことをご理解ください。

この事業に毎月支部はどれくらいの費用が必要ですか。

GPS受信機 パソコン、ソフトのリース代       約4万円
          PASとの配信契約が(年額24万円)  2万円
          データ通信カードの維持費        7千円
                             合計67,000円弱

個人でGPSを購入し、位置参照点を設置し、地積測量図を作成しても法務局は認めてくれますか。また、位置参照点の情報は支部に提供する義務がありますか。

個人で設置した位置参照点も問題はありません。 また、その参照点は支部へ提供する義務はありません。 個人設置の参照点の取扱いは将来的な課題であります。

なぜこの事業を本会ではなく、支部で行うのですか。

本会という県全体のレベルでは、GPSの導入ひとつ取りましても、様々な意見があり、その意思統一が容易ではありません。 神戸支部と言えども、兵庫県土地家屋調査士会にはちがいがありません。阪神支部に続き、神戸支部がこの事業を推進し、位置参照点スタイルを確立させれば…と考えます。


©兵庫県土地家屋調査士会神戸支部 GPS運営委員会